ママと僕

家事や育児にパパが積極的になった理由(まとめ)

仕事をしている父親が家事や子育てを行う事は可能なのか?

私は、家事や育児をやることは、特別なことではないと考えています

家事・育児に興味がある新米パパワンオペに悩むママ必見です!

ママのイライラを理解したら、妻への尊敬と感謝が強まった!

  1.  男性の理解不足(妊娠・出産はパパにはできない!)
  2.  家事や育児は、仕事しているパパにもできる!
  3.  ママのイライラ「あんたには分からないよ!」
  4.  ママの辛さを理解できた日(睡眠不足での育児の経験)
  5.  「ママはすごい。」尊敬と感謝の気持ちが強まった!
  6.  妻に自然と優しくなれるように!育児や家事への考え方も変わった

「育メン」を卒業したパパの反省(家事や育児は特別なことじゃない!)

  1.  「育メン」という特別感は、パパのアイデンティティーにもなる
  2.  「育メン」の特別感が、男を傲慢にし、パパの器を小さくする
  3.  反省!器の小さな私がやらかした失敗の経験
  4.  育メンパパの、器が小さい思考回路
  5.  「育メン」卒業宣言!家事・育児は「ただの生活の営み」

ママは、妊娠・出産の中で

男には経験できない過酷さを既に経験しています

パパがしんどいと感じている状況など、ママが経験した過酷な状況にくらべたら、大したことはないのかもしれません

ママがイライラしていたり、辛辣な言葉が多くなってきたら、ママはどんな大変な状況にあるのか、考えてみたいと思います

パパが行なう家事や育児は「イクメン」などと特別扱いされるようなことではないはずです

家事や育児は、自分も含めた家族の生活のために必要なこと

仕事も、家事も、育児も、全て同列のただの生活の営み

パパが家事や育児をする上で、こう考えることは

家族みんな不平不満をため込むことなく、幸せを感じて生活できる家庭の「ベース」ではないかと思うのです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です